2019.07.06 はじめに
訪問ありがとうございます。


このブログにはオリジナルの小説をアップしていきます。

小説の内容はすべてフィクションであります。


また一部に過激な表現がありますが
ご理解をお願いします。


コメントは大歓迎です。


「管理人のつぶやき」ではぼやきもいろいろ書いていきますw




応援お願いします

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


では、ゆっくりお楽しみください。





[決闘少女] 完結

日本海にあるその島では、結婚している女性に決闘を申し込み勝利すれば強制的に離婚が成立し、自分が相手の男性と結婚できるというしきたりがあった。
そこで繰り広げられる戦いを描いたフィクション小説。

第一話 決意
第二話 挑発
第三話 試練
第四話 逆転
第五話 過去
第六話 ミホの過去
第七話 願い
第八話 突き
第九話 恐怖
第十話 決闘者へ
第十一話 開始
第十二話 駆け引き
最終話 覚悟



[復讐少女] 完結

大切に暖めていた初恋を卑劣な策略で潰された少女の復讐劇

第一話 罠
第二話 真実
第三話 雨の公園
第四話 鮮血
最終話 必殺




[少女の苦悩] 完結

性格の違う姉妹の間には消えない溝ができ、妹は狂気に染まり、
姉は苦悩しながらも戦うしか選択肢は無かった・・・。

第一話 事件
第二話 後悔
第三話 コトネの変貌
第四話 動機
第五話 狂気
第六話 準備
第七話 再会
第八話 犠牲
第九話 無意識の醜さ
最終話 奪うこと


{生き方} 完結

周囲に合わせようとして心を病んだ少女と
自分を貫くために孤独を背負った女。
正反対とも言えるお互いの生き方から自分が無くしたものを取り戻していくのだが・・・。

第一話 遭遇
第二話 理由
第三話 決断
第四話 共犯
第五話 皮肉
第六話 格闘技
第七話 持論
第八話 激情
第九話 課題
第十話 違和感
第十一話 理性
第十二話 前夜
第十三話 確信
第十四話 解放
第十五話 対話
最終話 名前


【反逆者たち】 完結

誰もが羨む環境で暮らす女は、周りのモノが偽物ではないかと疑念を抱く。
〝本物”への衝動を抑えきれなくなり彷徨い始めるのだが・・・。
(過去の作品「生き方」と関連があります)

第一話 衝撃
第二話 本物
第三話 疑念
第四話 環境
第五話 悪夢
第六話 告白
第七話 理解
第八話 緊張
第九話 特性
第十話 孤独
第十一話 感応
第十二話 脱力
第十三話 封印
第十四話 覚悟
第十五話 変化
最終話 役割

番外編 前編 New
番外編 後編  New


スポンサーサイト
またしても久しぶりの更新ですw

最近は四股踏みにハマってます。

きっかけはですね、丹田を鍛えると女性にモテモテになるという情報を得まして、
それには四股踏みが効果的らしいと知ったからです。

そんなわけで「四股踏み一万回チャレンジ」というのを自分一人でやってますw

具体的には、毎日やって回数を記録して
合計一万回を目指すわけです。

ちなみに現時点では、5000回を超えてますw
数か月かかってますがww

やってみて身体の変化がかなりありました。
腸腰筋がかなり発達してきました。
普通の腹筋、いわゆるシックスパックの下の下腹部から脚の付け根当たりの筋肉が
かなり盛り上がってきてますw

肝心のモテ効果ですが、
なんとなく女性の目線が変わって反応が良くなったような気もしますが、
特に実感はないです。





どういうことだ(爆)


今、私は新しい彼女を探してるのですが
まったくチャンスもない日々でどんよりした生活を送ってます(号泣)


自分で言うのもあれなんですが、私は爽やかなタイプじゃないんですよね。
昔から明るく爽やかなタイプに憧れがあるんですが、
まったく近づけないですねぇ。

そんなわけで気軽に知り合いをどんどん増やしていけないので、
きっかけが掴めないんですよ。
知り合わなければ、関係が深まりようがないのは当然ですよね。

西洋占星術を知ってる人にはわかると思うんですが、
私は蠍座が異常に強いんですよね。
太陽・月が蠍座で合ですし、そもそも蠍座に5天体も入ってるwwwww


私の強烈な蠍座臭に耐えられる、むしろそれがいいみたいな
クレイジーな彼女を募集中です。

お待ちしてます(土下座)



話の続きです。

この時期まではうまくいってましたね。
ケンカすることもけっこうありましたけど、お互いに本音で話し合って
お互いに努力しながら関係を続けてきました。

それから徐々に変化が起きます。
最初のきっかけは、彼女の就職ですね。
彼女が就職して良くも悪くもいろいろな人と接していく中で、
少しずつ何かが変化していったのでしょう。

もちろんその当時はわからなかったですよ。
今まで通りだとお互いに思っていたはずです。

後から振り返ると、大きな変化でしたね。
私はその時まで一度も浮気とかを疑ったことはないのですが、
初めて彼女の不審な行動を感じたのは、
彼女の就職から数か月たってのことでした。

まあたった1日限りのことだったので
私も気のせいだと思ってました。
ただ私の無意識は、浮気ではないにしても
彼女の変化を感じ取っていたのですね。

しかしまあそれまで通りに関係は続いていきます。

それで転機になったのは、彼女の奨学金試験への合格です。
再び日本に留学することが決まったのです。

もちろん二人とも喜びましたし、以前みたいに
一緒にたくさんの時間を過ごすと思ってました。

彼女の来日のときは、私は小さい花束を持って空港に行きましたよw
あと赤いバラもw

空港で再会して、入寮の手続きを終えた彼女と
3日ほど遊びに行きました。
私の地元を案内したりとかしました。

確かに楽しかったんですが、別れた後に
私は異常な疲れを感じていました。
自分でも初めてのことで理由がわかりませんでした。

この時には、すでに心の波長みたいなものが
合わなくなっていたのでしょう。

それからは私も知らず知らずのうちに会いに行けない理由を考えてました。
意識では理解してないですが、無意識は拒否モードだったのでしょう。

お互いの将来のことを意識し始めてから、私も安定した仕事を探していたのですが
それが難航してました。
それに対する彼女の圧力も原因かもしれません。
彼女が就職したのは某日系会社で、そこの駐在員は金持ちですからね。
金銭感覚が相当吊り上がっていたのでしょう。

そんなわけで、また一緒にたくさんの時間を過ごすとお互いに思ってましたが
ほとんど会う機会はありませんでした。
だんだんと関係は悪化して、
最終的には別れるに至りました。


正直な話、関係が悪化していく時期は、私は毎日泣いてましたよ。
彼女もおそらく同様です。もしかしたら私以上に。

ただ最後はお互いに話し合って、一応円満に別れました。
今でも時々連絡をとってますし、友達という関係でいくことにしました。

もう恋愛感情はないのですが、
昔のことを振り返ると、楽しくて幸せな思い出ばかりが蘇ってきて
今でもときどき泣きそうになります。

頭でわかっていても心の整理ってなかなかつきませんね。

二人の人生の道が交わって、共に歩んできたけど、
道が分かれてしまったのですね。
これからはお互いに別々の道を歩んでいくのです。

浮気したとかそういう理由ではなくて、
愛し合ってたのに道が分かれていく別れ。
どちらが悪いわけでもなくて、ただただ喪失感だけが広がっていく感覚。

今の私には怖さがあります。
新しい彼女ができて、一緒に歩んだとしても
いつか道が分かれていくかもしれないという怯えが。
じわじわと蝕まれていくような道が分かれていく感覚がつらくて、怖いのです。

なかなか前に踏み出せなくて、立ち止まっている私がいます。
気持ちの整理をつけたくてこんな記事を書きました。

元彼女には、ただただ感謝しかない。ありがとうと伝えたい。

今の自分は、別れの痛みと孤独と戦っている。
未来に起こるかもしれない同じ痛みと孤独と。
それでも前に進む勇気を求めて戦っている。

たとえ離れてしまっても、私は私の道を行くしかないのだから。



というわけで続きです。

国際長距離恋愛に突入したわけですが、
とにかく毎日スカイプで話してました。

まあこれは日本にいたころからの二人の習慣でもあります。
ラインもけっこうな量を毎日やってましたね。

その頃は私は空港の免税店で働いていました。
とにかく勤務時間が変則的できつい仕事です。

しかし彼女は毎日ビデオ通話をしたい、というかしないと怒るので
私は睡眠時間を削ってその時間を作ってました。
その影響で当時の私の体はけっこうボロボロでした。
ものすごく痩せましたし。

私と彼女の誕生日はたまたま4日違いでして、
その頃に私はタイに行きました。
さらっと書きましたが、休みをもぎ取るために職場で相当無理をしてます。
結構ハードな交渉していろいろと迷惑をかけてしましました(汗)

なんだか無茶ばっかりしてますが、私は本当に好きだったんですねぇ。
つらい時期でしたけど、私に迷いはありませんでした。

そして長距離になってから4か月後にタイで再会します。
彼女にいろいろなところに連れて行ってもらいました。
いい思い出ですね。

ただ私の身体が弱っていたのと、張り切った彼女の強行プランと、
若干風邪気味の彼女とアレをした関係で、
私がガチの風邪をひくというハプニングもありましたwけっこう熱でたぞwww

まあいろいろありましたが楽しかったですね。

まあ短期の旅行でしたが、行ってよかったです。

私が帰国してまた長距離に戻るわけです。

私自身も体調の問題と、いろいろ無茶して居づらくなったことで
仕事を変えました。

それで別の仕事を始めて、私の体調もよくなっていきましたね。

次の再会は前回から半年後でした。

ちょうど付き合い始めてから1年ということで
一緒に過ごそうという話になったからですね。

ちょうど彼女の卒業も決まったころでして、
いい時期でした。

それで再びタイに行きます。このときは2週間ほどの予定です。
彼女の実家に行ったりとか、いろいろと観光に行ったりとか
めっちゃ楽しかったですね。

私の体調も良くて、かなり楽しめました。
遠距離恋愛で久しぶりの再会なので、めっちゃテンションも上がりますよw

今にして思えば、よくお互いに耐えてましたよね。遠距離に。
これはこれですごいことですよね。
この時期には、私は「好き」ではなくて「愛してる」のレベルになってましたし
彼女からも愛されてるのを実感してました。
将来の話とかを真面目に相談し始めたのもこの時でした。

二人で質的にも量的にも充実した時間を過ごして、
一段と仲が深まった旅行でした。

そしてまた私は帰国して日常に戻るのであります。


さて今年の一月に、一年半くらい付き合ってきた彼女と別れました。

このブログではあえて伏せてましたが、
自分の気持ちの整理のために書いてみることにします。

私の元彼女はタイ人の大学生でした。
タイの某名門大学の学生でして、交換留学に来ているときに知り合いました。
当時通っていたタイ語学校の私の先生の紹介です。

最初はネットでやりとりしてたんですが、特に進展もなくそのまま放置みたいな感じです。

その後ですね、その子がそのタイ語学校で講師のバイトを始めるわけですよ。
そんなわけで実際に会ったんですよね。

実際に会ってからまたネット上でやりとりが復活して、
その一緒に遊びに行くことになって、それから何度かデートしました。
そのままの流れで付き合い始めるというわけです。

彼女の部屋によく泊まりに行きましたw
手料理をごちそうになったりとか。

私もいろいろな場所に連れて行ってあげましたね。
関東の有名どころは結構行きましたよ。

この頃はラブラブで楽しかったですね。

しかし元彼女の留学が終わり帰国の日が来るんですね。
今でもよく覚えているんですが、帰国の日の前日は台風が来てました。
電車が完全に止まるレベルの台風でした。
そんな台風の中、バスなど動いているものを使ってなんとか彼女の部屋まで行きました。
たどり着けたのは深夜ですよ。

まあそんなわけで帰国前最後の夜を一緒に過ごしたのですが、
抱き合ってるまさに最中に私の涙腺崩壊というハプニングがw
自分でもびっくりwww

次の日に空港まで見送りに行くのですが、ここでも私の涙腺崩壊が起こります。
大げさじゃなくてガチなレベルで。
この時は彼女も同様でした。

というわけで付き合い始めて4か月くらいで、国際長距離恋愛に突入になりました。