2019.07.06 はじめに
訪問ありがとうございます。


このブログにはオリジナルの小説をアップしていきます。

小説の内容はすべてフィクションであります。


また一部に過激な表現がありますが
ご理解をお願いします。


コメントは大歓迎です。


「管理人のつぶやき」ではぼやきもいろいろ書いていきますw




応援お願いします

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


では、ゆっくりお楽しみください。





[決闘少女] 完結

日本海にあるその島では、結婚している女性に決闘を申し込み勝利すれば強制的に離婚が成立し、自分が相手の男性と結婚できるというしきたりがあった。
そこで繰り広げられる戦いを描いたフィクション小説。

第一話 決意
第二話 挑発
第三話 試練
第四話 逆転
第五話 過去
第六話 ミホの過去
第七話 願い
第八話 突き
第九話 恐怖
第十話 決闘者へ
第十一話 開始
第十二話 駆け引き
最終話 覚悟



[復讐少女] 完結

大切に暖めていた初恋を卑劣な策略で潰された少女の復讐劇

第一話 罠
第二話 真実
第三話 雨の公園
第四話 鮮血
最終話 必殺




[少女の苦悩] 完結

性格の違う姉妹の間には消えない溝ができ、妹は狂気に染まり、
姉は苦悩しながらも戦うしか選択肢は無かった・・・。

第一話 事件
第二話 後悔
第三話 コトネの変貌
第四話 動機
第五話 狂気
第六話 準備
第七話 再会
第八話 犠牲
第九話 無意識の醜さ
最終話 奪うこと


{生き方} 完結

周囲に合わせようとして心を病んだ少女と
自分を貫くために孤独を背負った女。
正反対とも言えるお互いの生き方から自分が無くしたものを取り戻していくのだが・・・。

第一話 遭遇
第二話 理由
第三話 決断
第四話 共犯
第五話 皮肉
第六話 格闘技
第七話 持論
第八話 激情
第九話 課題
第十話 違和感
第十一話 理性
第十二話 前夜
第十三話 確信
第十四話 解放
第十五話 対話
最終話 名前


【反逆者たち】 完結

誰もが羨む環境で暮らす女は、周りのモノが偽物ではないかと疑念を抱く。
〝本物”への衝動を抑えきれなくなり彷徨い始めるのだが・・・。
(過去の作品「生き方」と関連があります)

第一話 衝撃
第二話 本物
第三話 疑念
第四話 環境
第五話 悪夢
第六話 告白
第七話 理解
第八話 緊張
第九話 特性
第十話 孤独
第十一話 感応
第十二話 脱力
第十三話 封印
第十四話 覚悟
第十五話 変化
最終話 役割

スポンサーサイト
さて私は筋トレが好きです。
けっこう本格的にやってます。

マジで筋トレはハマりますね。
特にウエイトトレーニングはハマる。

なんというか「鉄VS俺」みたいな戦いなんですよねw

詳しく説明すると、扱う重量が上がってくると
なんというか恐怖感みたいのが出て来るんですよね。
「この重さはやべぇ」みたいなw
頭じゃなくて身体がそう反応するんですよね。

なんというかやる前は、格闘技の試合の前みたいな緊迫感。
やってるときはマジで戦い。挙げないと殺されるみたいなw
やりきったときの高揚感。

こんなエキサイティングな経験がけっこう手軽にできるのがいいですよね。
格闘技のアマの試合に出るとしたら、かなり大変ですから。
けっこう準備期間が必要だし、負けると顔がボコボコになるしwwww
筋トレは自分のペースで出来ますしね。

ちなみに普通に腕立てとかやってもこの感覚はでないですよ。
やはりある程度重いものを持たないと出ないと思います。

まあとにかくフリーウエイトでの筋トレはオススメです。

さて私は最近知ったのですが、
「うんこ漢字ドリル」なるものが流行ってたそうですね。

私が気になったのは、
この企画を最初に考えたのはガチ系の人なのかどうか?
それともただのネタなのか?

というのもですね、世の中にはガチのスカトロファンがいるわけで
日陰に追いやられていた彼らの逆襲が始まったのかと思ったわけですw

気になった人は人は調べてみるといいですよ。
AVの超マイナージャンルとしてそれは存在しています。

私なりに分類してみます。

・食べさせる系
これはSMからの派生だと思います。というわけで本質はSMです。

・食べあう・塗り合う系
これは真正のモノホンwww
なんというかとにかく好きなんでしょう、うんw

・単に排泄を見たい系
更衣室のぞきとかの発展バージョンだと思われる。
隠されたものを見たいという心理で、物自体にはそんなに関心がないと推測

注意:気分が悪くなっても私は責任取りませんwwww


さてなんでお前はそんなに詳しいのかと不審に思った人がいるかもしれませんが、
私は性の探求がライフワークなのですよ。
そんなわけでチェックはしてるんですよ、ほぼ全ジャンルをw

まあ世の中には常人にはたどり着けないほどの領域が存在してるのです。
しかし、まあ人間の心理って不思議ですよね。

私自身は、そんな歪みとか欲望があってこそ人間だと思ってるので
もし彼女に変な性癖があってもど~んと受け止められますぜwww


・・・さすがに付き合える(プレイする)限度はありますがw
まあドン引きはしないだろうと思います。
かかってこいやーーーw


さて私は、子供の頃から一貫して紫が好きなんですよね。

好きな色は紫なのです。 ←この色

そんなわけで自分の持ち物は紫のものにしたいのですが、
あんまり売ってないんですよね。

筆箱からTシャツに至るまで、とにかくカラーラインナップに
紫が含まれていないことが多いのです。
さすがの私も、これはに関しては最も強い言葉で非難したくなりますwww
国際社会で協調して、最大限の圧力をかけるべきwwww

まあ冗談はともかく、単純に売れないんでしょうね。

まあ紫があったとしても、私の好きな色合いでないことも多いです。
紫だけで20種類は必要だろw


そんなわけで、好きなんですがネクタイくらいしかお気に入りはないんですよ。
あと紫のふんどしもあります。

あとはですね、紫はちょっと失敗すると激烈にダサくなるという
扱いが難しい色ですよね。
Tシャツとかでしたら、白か黒ベースで濃い紫のワンポイントがあるくらいがちょうどいいと思います。


しかしなんで紫は人気ないんですかね?
私には理解できない。この世界は謎に満ちているw

まあ地道に紫グッズを探していきますよ。
余りにもなくて悲しみに打ちのめされたときには、自作しますwwwwww


さて、最近はちょっと悩み気味です。

なんとうか人生の目標を見失ってる感じです。
私は何のために生きてるのだろうと、それを考えてます。

以前も書いた気がしますが、
「働かないと生きていけない」という言葉は順番がおかしいのです。
私はいつも思うのですが、
「なんで働いてまで生きる必要があるのか?」

早死にすれば当然、老後はないわけで
貯金の必要もないですよね。
無理してたくさん稼ぐ必要もない。

死期が早ければ早いほど、必要費用は減るわけで
生きてる間の時間に余裕ができるわけです。

私自身は、積極的な自殺願望はないですが
生きることへの熱意はもうあまり感じなくなってきてしまいました。

苦労して働いて、高いコストを払って生きていて
なにか得られるものはあるのだろうか?
全ての苦しみを跳ね除けて生きることを切望させるようなものを。

私はそれをまだ見いだせていないのです。
筋トレとエロイことと海外旅行が私の楽しみであり、
命をつないでいるものなのですが、
生涯続くコストを払い続ける苦痛を押しのけるほどのパワーはないですよね。

そもそも私は本当に「生きて」いるのか?
何かに「生かされている」だけなのだろうか?
家畜や実験用動物のように、利用されるだけの存在なのか?

むしろ逆に聞いた方が分かりやすいかもしれない。
「お前はなぜまだ死なないの?」

多分その問いへの答えが、生きる意味だと思うから。